人気ブログランキング |

カテゴリ:冷たいお菓子( 140 )

マロンムース

a0214059_21065338.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

栗のお菓子を作る季節になりました。が、とにかく暑くて。。。やっぱり冷たいお菓子が食べたいと思ってしまいます。

ボンヌママンのマロンクリームを使ってマロンムース。アングレーズソースを炊いて、コクのある味に仕上げました。

栗とチョコは仲良しよね、ということで削りチョコをのせてみました。

ケーキピックを乗せるとグッとお店感が出て楽しくなります。

今年はいくつ栗を使ったお菓子を作るでしょうか。。。




by yo0705 | 2019-09-11 21:19 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

コーヒーゼリー

a0214059_15432232.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

この夏もプリン瓶は大活躍でした。形も可愛くて冷やすのも温めるのもOK。

また食べたくなって作ったコーヒーゼリー。でも今回の主役はブルーベリーです。

毎年庭になるブルーベリーの実。でもほとんどは近くの川から飛んでくる鳥たちに食べられてしまいます。

今年は頑張って草取りしてたら、まだ少し残ってた!慌てて収穫しました。

実は小さめですが、甘さもしっかりあって美味しかったです。

小さな小さな我が家の夏の名残。




by yo0705 | 2019-09-07 20:13 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

ぶどうゼリーとヨーグルトムース

a0214059_20544378.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

今日から9月。先週から学校は始まっていますが、なんだか夏休みのウキウキした気持ちをクールダウンさせるように、静かに過ごした1日でした。

高尾という多摩西部のぶどうを頂いたのでヨーグルトムースとぶどうゼリー。ゼリーの中には高尾の皮をむいた丸ごとの実がいくつも隠れています。
高尾は巨峰から育成されたぶどうだそうです。実の形は細長く、種無し。甘さがしっかりしている中に爽やかな酸味。ジューシーでとても美味しい。

上にのせたミントもお友達がベランダで育てたものを頂きました。フレッシュでいい香り。お菓子にはグリーンが映えます。

色んな方の温かい気持ちが合わさって出来たお菓子。そういうものは一段と美味しく感じます。

アトリエの9月のレッスン予定をアップしました。詳しくはこちらをご覧ください。




by yo0705 | 2019-09-01 21:09 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

バナナ甘酒ムース

a0214059_19585887.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

マツコの知らない世界で紹介されていたバナナジュースの世界。甘酒バナナジュースが美味しそうだったので、自分でも作ってみました。

これはいける~、美味しい!そしてその濃厚具合がムースにもいいんじゃない?と思って、早速作ってみました。

ゼラチンを湯せんにかけて溶かして、甘酒バナナジュースに加えたら、ミキサーでよく撹拌します。するとふわっとした食感が生まれてムースの仕上がりに。

上掛けは甘酒ゼリー。

お砂糖0、生クリームも使ってないけど、とっても口当たりがなめらかで満足する甘さ。食べることに罪悪感が少ないお菓子が出来ました。

これまでバナナジュースと言えば牛乳でしたが、甘酒バナナジュースに大賛成です!




by yo0705 | 2019-07-30 20:46 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

シロクマレアチーズケーキ

a0214059_12293612.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

梅雨が長くて蒸し暑くて。。。せめて見た目に涼しいお菓子を作りたいなぁ、と北極シロクマレアチーズケーキ。

クマちゃんはヨーグルトとクリームチーズを合わせたさっぱりレアチーズ。ほつの海と氷山の一角(笑)はアガーを使って作った梅ゼリーです。凝固剤で固めるお菓子はゼラチンやアガーの量がとても大切です。クマちゃんのゼラチンは8gと多めにしてあるので型からツルッと綺麗に抜けました。

アガーは水分400ccに対してアガー12g。これも割としっかり固まるための量です。

私もクマちゃんたちみたいに海にプカプカ浮かんで涼しくお昼寝したい。。。

いよいよ夏休みが始まりました。小学生の宿題、早く終わらせたーーーい!早くやって、やって!と言うと、「先生が一度にやっちゃいけないって言ったよ」って。いや、それはサザエさんのカツオくんみたいなケースのことでしょ。

毎日ドタバタの夏休みになるとは思いますが、その中でも楽しくお菓子を作りたい!






by yo0705 | 2019-07-20 12:51 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

さくらんぼゼリー

a0214059_17391680.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

山形の繊細で可愛いさくらんぼを頂きました。嬉しい~♪

せっかくならそのフレッシュさをダイレクトに味わえるお菓子にしたいと、自作の梅シロップを使ったフルフルゼリーにアメリカンチェリーと一緒に合わせました。ゼリーはシロップ150gに水200cc、合計350ccに5gのゼラチンを使用。かなり緩めのゼリーになります。

さくらんぼってどうしてこんなに可愛いんだろう。例えると小学校1年生の女の子みたい。それもちょっとオシャレして、かわいいワンピースを着ているイメージ。

絵になるフルーツです。

スーパーには桃が並び始めました。旬のフルーツを存分に楽しみたいと思ったら焦る~💦

まだ大石プラムのタルトも作ってない!




by yo0705 | 2019-07-03 20:31 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

紫陽花ゼリー

a0214059_20452711.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

この季節に作りたかった紫陽花ゼリー。下の層はカルピスゼリー。濃いめのカルピス300ccを5gのゼラチンで固めました。

上の層、濃い紫はぶどうジュース、ピンクはしそジュース。どちらも寒天です。寒天だとカットした時に角がよく出て、キラキラ感がアップ。小ぶりのバットに平たく固めたものをナイフで小さい四角にカットしていきました。1つのカップで食感が違うのも面白いところ。

今年は雨が多いのでアトリエの紫陽花たちも元気で毎朝見える風景をとても気に入っています。




by yo0705 | 2019-06-26 21:48 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

紅茶ゼリー

a0214059_15104914.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

涼やか紅茶ゼリー。

アールグレイティーとレモンゼリーを合わせました。レモンティーのイメージ。ゼラチン濃度を変えることで、食感の違いを出しました。

紅茶ゼリーを濁らせないコツは、濃いめの熱い紅茶を入れてゼラチンを溶かしたら、すぐに冷水につけて急冷します。

お砂糖は少し濃いめにしたほうがお菓子としては美味しいと思います。またはシロップを後からかけるのもオススメ。

スーッと涼しくなるようなおやつが出来ました。




by yo0705 | 2019-06-20 09:19 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

コーヒーゼリー

a0214059_17141910.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

梅雨に入ったけど暑い日もあったり。冷たいツルッとしたものが食べたいときはやっぱりコーヒーゼリー♪

ミルクゼリーを先に作って器を斜めにして先に冷やします。今回はバットの縁にプリン瓶をひっかけて斜めにしました。

ミルクゼリーが固まったら、コーヒーゼリーを流し込みます。カルーアコーヒー入り。大人のコーヒーゼリー。

フルフルッとした食感が好きなので、コーヒーゼリーはやっぱりゼラチンを使います。

コーヒーゼリーは選ぶコーヒーによって全然味わいが違うのがおもしろい!




by yo0705 | 2019-06-08 18:42 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)

いちごの水玉プリン

a0214059_05145766.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

水玉いちごプリン。

立派ないちごを頂いたので、それに合わせたデザート作りました。いちごの存在感ドーンッ!

水玉はいちごピューレに水を合わせてゼラチンを入れ、バットにラップを敷いて薄いシート状に固めます。それを〇口金で抜いて、コツコツ1枚ずつ瓶に貼る、という地味な作業。。。貼ったものをよく冷やしてゼリーを固定させます。この時ゼリーが薄いことがキレイな水玉模様になるコツです。厚いと重さでズリズリッと落ちてきてしまいます。

いちごプリンは卵黄、牛乳、砂糖でアングレーズソースを炊いて、いちごピューレ、ゼラチンと合わせます。粗熱が取れたら冷やしておいた瓶へ優しく注ぎ込み、よく冷やしたら完成です。

夏が近づいてくると急に水玉が可愛く見える(笑)。




by yo0705 | 2019-05-17 05:36 | 冷たいお菓子 | Trackback | Comments(0)