人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タルトタタン勉強会

タルトタタン勉強会_a0214059_15515660.jpeg
アトリエタルトタタンのブログへご訪問ありがとうございます。

今日はアトリエ初の「勉強会」を開催しました。以前の職場でご一緒していたF先生とS先生と一緒にタルトタタンを作りました。写真はプリンカップで焼き上げたF先生の完成品です。カラメルを濃く炊いて、焼き時間が長めだったので、色が濃いめに仕上がりました。
タルトタタン勉強会_a0214059_15545294.jpeg
使ったりんごは紅玉。酸味が強く実がしまっているりんごでアップルパイなどの定番です。今回は一人400g使いました。黙々とりんごをカット。
タルトタタン勉強会_a0214059_15550912.jpeg
ふじを使うと甘く、さっぱりした感じになるね、などりんご選びについても意見交換。ブリゼ生地つくり、りんごカット、カラメル作り、りんご詰め、焼き1回目、ブリゼ敷きこみからの焼き2回目という工程。1つ1つの工程を「どうしてこうやったほうがいいのかな?」という疑問なんかも話し合いながら進めます。作り方自体はシンプルなケーキなのに、丁寧に掘り下げていくと疑問に思うことがいっぱいで本当に深いのです!
タルトタタン勉強会_a0214059_15554554.jpeg
小さいプリンカップで仕上げる場合はりんごを立てに詰めることをオススメ。りんごが柔らかくなった時にもケーキに高さが出るためです。
タルトタタン勉強会_a0214059_15594901.jpeg
15cmのデコ缶は底面が完成品では上面にくるので、密着させて綺麗に並べていきます。
タルトタタン勉強会_a0214059_20012135.jpeg
焼き上がりの写真。私はいつもこの状態でブリゼ生地が波打ってしまうことが悩みなのですが、さすが上手なお二人なのでどちらもきれいに焼きあがって嬉しい!
タルトタタン勉強会_a0214059_20013270.jpeg
本当だったら一晩冷蔵庫に入れてよく冷やしてから型出しをするのですが、今日はランチをしている間にプリンカップのほうが冷めたので出してみました。

1つのケーキのレッスンを完成させるためには何度も何度も試作をしてみて、絶対大丈夫!これで美味しくきれいに出来上がる!と自信が持てる状態にならないとできません。今日のタルトタタンの勉強会は、アトリエレッスンでタルトタタンを行えるようになるために、とても貴重な時間でした。気づきもたくさんありました。

こうやって一緒にケーキに向き合える友人がいることがすごく嬉しくて貴重な事だなぁ、と実感した1日でした。



by yo0705 | 2018-12-04 20:34 | レッスンの様子 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joconde.exblog.jp/tb/238889314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クリスマス 生シフォンカップケ... フロランタンチョコとクリスマス... >>