ラムレーズンのパウンドケーキ

a0214059_556262.jpg

基本のパウンドケーキです。

基本の焼き菓子。お菓子初心者にもおすすめのケーキ、なんてよく言われるパウンドケーキですが、やっぱり美味しく作るためには、気を付けること、大切なことがいっぱい。

1つ1つの作業を丁寧に確認するつもりで作ってみました。

パウンドケーキとはフランス語でカトルカールと言います。4/4という意味。小麦粉、バター、卵、砂糖を同割で作るケーキです。パウンドというのも、この4つの材料を1ポンド(約453g)ずつ使っている、という意味。

今回はとにかく、計量から工程1つ1つ、もう1回本を読み返しながら、観察しながら作りました。

時に、そういうところに時間をかけて、自分のお菓子作りを見直す作業、大事だなと実感。

特に混ぜる作業はお菓子にとって、とても大切です。知らず知らずのうちに自分のくせ、が出来てしまっているな、ということも分かりました。

ラムレーズンは漬け込んでいた最後のものを使いました。この冬に用意していたお菓子材料、すべて使い切り。春への気持ちの切り替えも込めて。

今回もこちらの本で作りました。勉強になります。。。

最後にたっぷりとお酒入りのシロップをうつので、すごくしっとり大人のパウンドケーキになりました。

2台分だったので、1台はとよ型で焼いてみました。こちらも形もいいかも。

ちょうどお友達に会う約束があったので、持って行きました。お菓子を作って、食べて貰って、喜んで貰えた時が一番うれしいです。

また、作ろうっと!

ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
by yo0705 | 2012-03-10 06:19 | 焼き菓子 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joconde.exblog.jp/tb/14832214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コーヒーマカロン 春のデコカップケーキ >>